認定子供園のメリット

認定子供園のメリット

認定子供園のメリット

保護者の就労している、していないにかかわらず、同じ施設に子どもを預けることができる。

保育所型でも学校教育法に基づく教育を受けられ、幼稚園型でも長時間保育が受けられるので、施設の選択肢が増える。
(幼稚園は通常4時間、保育園は通常8時間、認定子供園は4時間も8時間も対応しています)

子どもが通園していない家庭でも、育児相談などの子育て支援が受けられる。

保育に欠ける子も欠けない子も受け入れて、教育・保育を一体的に行う。

幼稚園の給食は施設者の任意で、保育園は給食がでます。
認定子供園は給食が実施されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。